お客様が 望む未来との 架け橋に
有限会社平田薬局

柚木 卓実

 

氏名:柚木 卓実(ゆうぼく たくみ)

職業:薬剤師

入社年:2012年

趣味:釣り

好きな食べ物:ハンバーグ

嫌いな食べ物:特になし

 

 

 

来てよかったと思われる

薬剤師を目指したのは「資格が欲しい」そんな気持ちがなかったとは言えない。

医薬の道を目指したのは「ドクター系ドラマの影響」というのもゼロではない。

ただ、今目指しているは「来てよかった」と思ってもらえる薬局。
これは本気。

ちょうど、わたしが薬学部へ入学する時、4年制から6年制へと薬剤師への道のりが、

少し長くなりました。お陰様で、社会人になる前に、多くの体験や知識を

教えてもらうことができたのではないかと思います。

そんな私が、はじめて就職させていただいたのは、調剤併設型のドラッグストア。

市販されている薬(いわゆるOTC)は、病院や調剤薬局など薬剤師が就職する先の中で、

群を抜いて取扱が多く、若い時に少しでも多くの薬に囲まれた仕事をしてみようと考えたからです。

現在は、より専門的な事を深掘りしようと平田薬局で日々奮闘していますが、

新卒当時の経験は今も少なからず活きていると思います。

だれよりもあなたに

処方箋をお持ちいただくお客様の全ては、薬局にくる前段階で病院に訪れていらっしゃい

ます。病院に行くのは、なにかしらの変調を感じているからなわけで、その変調を通常に

戻したいという希望をいだいているお客様が訪れるのが薬局。

そして、そのお客様と接するのが、わたしたち薬剤師ということになります。

こう捉えると、私たちの仕事は、処方箋通りの薬を渡すといった「点」のような仕事では

なく、お客様が変調を感じてから問題が解決されるプロセスの中の一部として役割を担っ

ているのだと思わされます。

だから「だれよりもあなたに」。

そんな信頼される薬剤師が集まる薬局でありたいと思います。

少し遠いけど、あなたがいるから。診察室では聞きに辛かったからあなたに。

そんな、「あなた」になるためにもお客様の話に耳を傾けると共に、

話しやすい環境づくりも心がけていきたい思います。

しったかぶり を しない人と

わたしが、社会人になって5年が過ぎました。

結婚をして、子供がいます。家庭を支え子供の教育もします。

現在、調剤薬局で働いていますが、ドラッグストアの経験もあります。

しかし、どんな学習や経験をしても仕事していれば、必ずわからないことにぶつかります。

20年働いている先輩も同じだとのことでした。

わたしたちの学問は、日々進化と共に知識の更新がなされていきます。

だから、分からないことが出てきてもそれは、当たりまえのことなのだと思います。

ある意味、一生勉強を続けなければならない仕事なのですから。

だから、共に働く人は「わからないこと を わからないといえる」そんな人が、

いいなって思います。しったかぶりをするよりも本当に知っている人になりたい。

そんな向上心を持っている人となら、切磋琢磨しながら成長していけるような気が

するのです。

就職なんて悩まなくたっていい

就職先選びで悩むのが就活生のお仕事。そんな風潮を感じますが、

いまの自分が将来どんな感じになりたくて、どんな感じの人とどんな感じの仕事をしたい

のかといった「フィーリング」を大切にすればいいのではないかと思うのです。

たしかに、はじめて入社した会社と将来のビジネスライフを添い遂げられるに越したこと

はないのかもしれませんが、少なくとも学生時代の私には、どれだけ悩んだとしても、

所詮できない難題なのではないかと。

ならば、ある程度はフィーリング。

希望の業界さえ外さなければ、後は職場を見学して、人と会って、話して、決めてみる。

それでも駄目だったら転職を。

なんていうと適当に就職先を見つければいいって伝えているように誤解されてしまうかも

しれませんけれど、それでもあえて「フィーリング」を大切にって伝えたいと思います。

就職先を選ぶための重要な要素だと思うから。